ED治療にバイアグラを使用した結果

EDを自覚するようになった

EDを自覚するようになったのは35歳を少し過ぎたくらいです。
それまでは特に精力減退を感じることはなかったのですが、35〜36歳くらいから朝立ちが弱くなるのがわかりました。
芯が入っているような硬さを維持することができず、半立ちのような状態になっています。
このままでは精力が減退してしまうと感じて精力剤を飲み始めて、しばらくは精力を維持することができました。
しかし、40歳間近になって再びEDが気になるようになり、すでに精力剤では対応できないレベルになっていました。
医療機関で検査を受けるのは抵抗がありましたが、このままではラチがあきません。
思い切ってED治療の専門クリニックに行くことにしたわけです。
最初は下半身を見せることに抵抗を持っていましたが、簡単な問診だけで終わりました。
生活指導を受けてからバイアグラの処方を受けて終了であり、薬がなくなったらまたくるように言われました。
検査・治療・処方にかかった時間は20分程度であり、風邪の治療のように簡単なものだったのです。
早速バイアグラを服用してみましたが、その効果は精力剤の比ではありません。
空腹時に服用するように言われたので、SEXをするタイミングは食前、もしくは深夜になるように調整しました。

EDを自覚するようになった : バイアグラを服用してわかったこと : ED治療を始めるタイミング